老舗の唐紙師、トーク&サイン会
2015.10.9 16:16

葵唐草など、古来から日本人に愛されてきたさまざまな文様を、ひとつひとつ手仕事で和紙に写し取った唐紙。襖紙や壁紙として桂離宮、二条城、養源院などの歴史的建造物にも用いられており、400年の歴史を誇る唐紙の老舗[唐長]の千田家が、修復の手を加えながら今も美しいたたずまいを残しています。

千田愛子さん(写真左)、トトアキヒコさん(右)夫妻
千田愛子さん(写真左)、トトアキヒコさん(右)夫妻画像一覧

写し取る色によっても表情が変わる唐紙の魅力を、今のライフスタイルに取り入れる提案をする千田愛子さん(写真左)、トトアキヒコさん(右)夫妻が唐紙にまつわる本を同時刊行。

本の装丁にもなっている葵唐草など、江戸時代より[唐長]に伝わる600枚以上の板木の中から文様を厳選、由来や意味をまとめたトトアキヒコさんのエッセイ『日本の文様ものがたり』。北欧スタイルにも合う唐紙を使ったモダンなインテリアや、四季折々の京都の見どころ、行事やお祭り、とっておきの場所を紹介した千田愛子さんの著書『京都の時間』
本の装丁にもなっている葵唐草など、江戸時代より[唐長]に伝わる600枚以上の板木の中から文様を厳選、由来や意味をまとめたトトアキヒコさんのエッセイ『日本の文様ものがたり』。北欧スタイルにも合う唐紙を使ったモダンなインテリアや、四季折々の京都の見どころ、行事やお祭り、とっておきの場所を紹介した千田愛子さんの著書『京都の時間』画像一覧

10月10日に「大垣書店四条店」(京都市中京区)でトトアキヒコさんのミニトークと、ご夫妻のサイン会が開催されます。この機会に、唐紙の魅力を存分に味わって。

『日本の文様ものがたり刊行記念トーク&サイン会』

日時:2015年10月10日(土)・14:00
会場:大垣書店四条店(京都市中京区烏丸通四条上ル 京都御幸ビル2F)
料金:無料
電話:075-253-0111(大垣書店四条店)
URL:http://www.books-ogaki.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。