アートな電車、和歌山で3日間限定
2015.10.27 12:01

和歌山のJRきのくに線に、臨時アート列車『紀ノ国トレイナート号』が11月21日から3日間限定で運行。アートに彩られた駅舎を巡ると同時に、アート社内販売やライブなどのイベントも企画され、アート好きや電車好きにはたまらない内容に。

住民の協力のもと、ひと駅ごとにアーティストが作品を描いた(紀伊田辺駅)
住民の協力のもと、ひと駅ごとにアーティストが作品を描いた(紀伊田辺駅)画像一覧

今年で2回目を迎えるアートイベント『紀ノ国トレイナート』(10月17日〜12月24日)の一環でもある電車企画。岩代駅から新宮駅間の駅舎の壁画などに描かれた作品を鑑賞すると共に、1日限りのライブやトークショーなどを予定。普段であれば、1日の電車本数が限られるため、立ち寄れる駅舎が限られるが、臨時列車はいくつかの駅で鑑賞時に数分〜30分ほど停車するので、効率よく楽しむことができる。また車内販売では、和歌山の地ビール・ナギサビール、アーティストがボトルをデザインした梅酒、南紀白浜にある老舗の特別駅弁も販売。

プラットホーム大茶会は湯川駅で開催予定
プラットホーム大茶会は湯川駅で開催予定画像一覧

昨年、田辺市在住の画家・廣本直子さんが、地域の人の交流の場として、また、県外の人々にきのくに線から見える海や森の美しい景色を味わってもらうために企画。「昨年もは満席となり、今年はさらに充実させて実現できました。駅舎がアート作品となることで、落書きが減ったり、地元の駅に愛着を持ってもらえるように。うちの駅でもやってくださいという声も届いています」。

紀ノ国トレイナート号を満喫するためには、11月21日に岩代駅から新宮駅へ向かい、周辺で宿泊、22日に白浜駅へというコースがおすすめ。23日は紀伊田辺発着で丸一日で堪能できるのも魅力的なので、好みに合わせて旅行の計画を。当日は先着順となるため、始発駅には余裕を持って訪れて。

『トレイナートDAY』

期間:2015年11月21日(土)〜23日(月・祝) 
時間:日程により出発・到着の駅異なる
料金:乗車運賃のみ
※紀ノ国トレイナートフリーパス2日間乗り放題(大人3,000円、子ども1,500円)
URL:http://trainart.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。