OTODAMA、11年目の新たな挑戦
2015.9.2 16:37

関西のイベンター・清水音泉主催のイベント『OTODAMA’15 ~音泉魂~』が今年も9月5・6日に開催される。”ロック”と”ユーモア”がふんだんに盛り込まれ、関西人に愛されてきた11年目の野外フェスは今、新たなスタートを踏み出そうとしている。

『OTODAMA'15 ~音泉魂~』
『OTODAMA’15 ~音泉魂~』画像一覧

その新たなスタートを番台(代表)・清水さんは「新しい風」と表現する。OTODAMAといえば、「ライブの素晴らしさを伝える」という思いを初開催から貫き、ライブの「感動、煌めき」をとことん追求してきたフェスだ。アーティストの知名度に頼ることなく、ライブにこだわり続けるバンドのみをブッキング。「この2組しか浮かばなかった」「これでコケたら本望」(ブログより)と、10回目の節目となった昨年のトリにSCOOBIE DOとフラワーカンパニーズを持ってきたのは、まさにその想いの表れだろう。しかし、10年を経てフェスが定着し、ファンも増えるごとに、当初の想いだった「OTODAMAらしさ」が、言葉そのまんまの「OTODAMAらしさ」で語られるようになってきたのも事実。要はそのラインアップ自体をOTODAMAらしさとファンが捉えるようになった。

昨年の様子
昨年の様子画像一覧

そこで今回行われるのが、あえて「OTODAMAらしさ」を壊すこと。毎年恒例の、ひとクセあるサブステージ「秘湯!SET YOU FREE」は設置されず(2日目あり)、出演者も、ファンから見たらOTODAMA常連組ではないアーティスト・・・フィッシュマンズや東京スカパラダイスオーケストラ、ハナレグミ、クラムボン、高橋幸宏率いるMETAFIVEといった面々が名を連ねている。「らしさ」を壊しつつ、それでいて「感動、煌めき」という想いを体現してくれるバンド。清水さんのこだわりが感じられるラインアップとなった。

ややもすれば、10年かけて築いてきたフェスの個性は崩れるかもしれない、そんなリスクは百も承知だろう。けれど、あえて新しい風に挑む『OTODAMA』に注目したい。

5日出演:フィッシュマンズ、Analogfish、TK(凛として時雨)※アコースティックセット、clammbon、SCOOBIE DO、東京スカパラダイスオーケストラ、ハナレグミ(弾き語り)、bonobos、Polaris、真心ブラザーズ、METAFIVE(高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井) 、YOUR SONG IS GOOD、レキシ、湯わかしアクト:シンリズム、湯あがりアクト:赤犬、ほか

6日出演:キュウソネコカミ、a flood of circle、朝の本気ダンス、OKAMOTO’S、KEYTALK、グッドモーニングアメリカ、クリープハイプ、サンボマスター、四星球、ドレスコーズ、ヒトリエ、フレデリック、モーモールルギャバン、湯わかしアクト:セックスマシーン、湯の花アクト:水曜日のカンパネラ、湯あがりアクト:DJピエール中野(凛として時雨)、ほか

『OTODAMA'15 ~音泉魂~』

日時:2015年9月5日(土)〜6日(日)・5日=11:30〜、6日=11:00〜
会場:泉大津フェニックス(泉大津市夕凪町)
料金:1日券(5日)6,800円、1日券(6日)6,000円、2日通し券11,000円
※雨天決行・荒天中止 ※小学生以下入場無料(入場券をお持ちの同伴者の同伴が必要)
電話:06-6357-3666(清水音泉/平日12:00~17:00)
URL:http://www.shimizuonsen.com/otodama/15/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。