キム兄、芸人107組の人生に迫る
2015.9.7 17:48

今年2回目の開催となる『京都国際映画祭2015』のプログラム発表会見が7日、京都市内で行われ、実行委員長を務める中島貞夫監督や総合プロデューサーの奥山和由、木村祐一、ピース(詳しくはこちら)らが出席した。

プログラムのひとつとして発表されたのは、吉本興業所属の芸人たちに迫ったドキュメンタリー映画『ワレワレハワラワレタイ(仮)』。100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたプロジェクトで、「生まれ変わっても、あなたは芸人やりますか?」というテーマについて、木村祐一がお笑いコンビ1組1組に1時間を超えるインタビューを実施。普段はほとんど明かされることのない、芸人という「人生」に対する葛藤やプライドを、芸人たちがありのままに語る。

インタビュアーの木村祐一
インタビュアーの木村祐一画像一覧

インタビューを受けたのは、笑福亭仁鶴から若手芸人まで107組。インタビュアーの木村祐一は「2013年2月に雨上がり決死隊から撮り始めて、昨日(6日)クランクアップしました。芸人が芸人をインタビューしたのでみんなすごい自然な姿で喋ってくれて。ピースももちろん出ます。結構前から撮影を始めたので、8.6秒バズーカーとかピスタチオはないんですけど、今後も続いていくという意味を含めて」と続編を匂わせた。これから、200時間を超える映像を、8時間弱に編集する予定だとか(詳細は未定)。前半20分ほどを試写したという奥山プロデューサーは「木村さんの聞き出し方が本当にうまくて。みなさん懺悔のごとく泣くんです。テレビで見るのとは全然違う一面が見られますよ」と絶賛した。

今年のキャッチコピーは「京都は、変や乱が好き♡」
今年のキャッチコピーは「京都は、変や乱が好き♡」画像一覧

今年はキャッチコピーを「京都は、変や乱が好き♡」とし、伝統と革新が共存する京都の強みを最大限に活かした映画・アート作品を多数展示。オープニング作品は、第二次世界大戦時の”ペリリュー島での戦い”を振り返る『追憶』が上映される。

『京都国際映画祭2015』

期間:2015年10月15日(木)〜18日(日)
会場:ホテル アンテルーム京都、京都水族館、誓願寺、藤井大丸、祇園甲部歌舞練場、よしもと祇園花月、元・立誠小学校、京都市役所前広場、京都文化博物館、ほか

URL:http://kiff.kyoto.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。