USJハロウィーン、カワイイ派or恐怖派
2015.9.10 16:01

いよいよ[ユニバーサル・スタジオ・ジャパン]で恒例『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』が9月11日からスタート。ポップな仮装を楽しめるかわいいハロウィーンと、身の毛がよだつ体験を味わえるホラーなハロウィーンを堪能できるアトラクションやサービスが勢揃いしている。

子どもたちも喜ぶ、かわいいハロウィーン

かわいいハロウィーンを楽しむのであれば、スヌーピーと仲間たちによる『トリック・オア・トリート』へ(小学生以下のみ)。合い言葉「トリック・オア・トリート?」に答えたら、お菓子のつかみ取りにチャレンジすることができるのだ(10:00〜13:00)。そのままの流れで人気キャラクターたちと踊って撮って楽しめる『コスチューム・パーティ♯仮装で熱狂へ』。「さらけ出せ」と煽られて、おもしろダンスに参加すれば、仮装への恥じらいもあっという間にどこかへ。

『コスチューム・パーティ♯仮装で熱狂へ』では、みんなノリノリで自撮り!
『コスチューム・パーティ♯仮装で熱狂へ』では、みんなノリノリで自撮り!画像一覧

スナックタイムは、お目々がついたミイラ・チュリトスなどのかわいいスイーツなどが楽しめる『ハロウィーン・ハピネス・マーケット』へ。試してほしいのは、「サプライズ! もちもちモンスターズ」。おばけ、カボチャ、フランケンをイメージしたまん丸いお餅なのだが、食べると舌がとんでもない色に(3色あるので、一気に食べるよりグループで分けるのがおすすめ)。大げさな衣裳をしていかなくても、パークにはコスチュームやカチューシャなどが豊富なので、気軽にかわいいハロウィーンの出来上がりだ。

ホラー度がグンッとアップ、大人のハロウィーン

今年は、R15指定で誓約書が必要な『トラウマ〜最恐実験病棟〜』を始め、『エイリアン vs.プレデター』、『学校の怪談』、『エルム街の悪夢』といった新作が加わり、ホラーアトラクションが9つも。もちろん、街なかを歩いているだけで恒例のゾンビが襲ってくる『ストリート・ゾンビ』はマスト。今年は、全身血だらけの「レッド・ゾンビ」とウィルスをまき散らすという「キャリア」も仲間入りし、各所で悲鳴が聞こえてきそうな予感だ。

あまりの怖さに叫ばずにはいられない
あまりの怖さに叫ばずにはいられない画像一覧

9月10日に行われたプレビューでも血のり系の仮装が多かったが、自分ではできないって方は「特殊メイク」の検討を。銃痕、切創、火傷・・・という生々しい特殊メイクアップをプロにお願いすることができる。ただし、こちらは特殊メーキャップキット10,000円購入の方のみ、1時間かかるのでスケジューリングが重要に(ネットで予約可、当日受け付けは残席がある場合のみ)。またレストラン[メルズ・ドライブ・インⓇ]では、目玉が入ったホラー・ハンバーガー・セットもあり、ここはとことんホラーに徹して過ごすべき。年々加熱するハロウィーンと仮装事情、さて、あなたはどっちの方向で楽しむ?

『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』

期間:2015年9月11日(金)〜11月8日(日)
住所:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区桜島2-1-33)
©'15 Peanuts ©'76, '99, '15 SANRIO TM / © Sesame
URL:http://www.usj.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。