約1500人が参加、舞洲のゾンビラン
2015.9.20 17:24

9月20日に舞洲スポーツアイランドで開催された『ゾンビラン』に約1,500人が集結。ゾンビから逃れるランナーが雄叫びや悲鳴とともに会場に設置されたコースを走り抜けた。

メイクでばっちりキメたゾンビ役の参加者たち
メイクでばっちりキメたゾンビ役の参加者たち画像一覧

人気ランイベント「バブルラン」や「フットサル」などを手掛ける会社が主催だけあってエンタテインメントが満載。ゾンビ役の参加者は「ゾンビ生産工場」でゾンビメイクができ、付け爪で歯、アイプチとティッシュ、ペイント液で傷をつくったりと、スタート前から大忙し。希望者にはトータルビューティー専門のスタッフによる立体的な傷口や乱れたヘアセットなどのスペシャルメイクが施されるといった力の入りようだ。

特殊メイクした双子の鬼ゾンビは金棒も持参
特殊メイクした双子の鬼ゾンビは金棒も持参画像一覧

ランナーたちもハロウィーンが近いこともあり、仮装して参加する人もたくさん。定番のポリスやナース、キョンシー、中には本格的な特殊メイクで変身した双子の鬼ゾンビという強者も。その一方、逃げるランナーには、大根姿で走るスポーツマンの3人組やスーパーマリオのコンビも。

自作したブーケに惜しげもなく血のりペイントを施した岩本春香さん(19歳)と大野真珠さん(19歳)は、「バブルラン」にも参加した大学の友人同士。会場ではゾンビになりきり、通行するランナーの「1番怖い~」と言われて大喜び。ゾンビは死んでいるという設定だが「ゾンビをやる一番の生きがい!」と大満足の様子だった。次回の開催は東京(12月)だが、ハロウィーン気分で楽しめるファンラン、機会があればぜひ参戦を。

取材・文・写真/岡田由佳子

『ゾンビラン2015 in大阪』

日時:2015年9月19日(土)
会場:舞洲スポーツアイランド(大阪市此花区北港緑地2)
URL:http://www.sportsone.jp/zombierun/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ