神戸で女性限定映画祭、杉本彩も登場
2015.9.25 16:59

かつて「西の浅草」と呼ばれ、20館以上の映画館や劇場が建ち並んだ神戸随一の歓楽街・新開地。そのエリア一帯にて、大人の女性に向けた映画祭が今年も開催されることに。

『第12回新開地映画祭』
『第12回新開地映画祭』画像一覧

上映されるのは、二階堂ふみ&浅野忠信主演の『私の男』(2014年)、乱交パーティから人間の動物性を描いた『愛の渦』(2013年)、団鬼六のSM官能文学を原作とした『花と蛇』(2003年)など8作品。いずれも「Love & Eros」をテーマに、女性スタッフがセレクト。あくまで男性が陥りがちな軽薄さは排除、女性ならではの奥ゆかしい愛と官能を女性だけで楽しむ、というのがこの映画祭のなによりの特徴だ。

女性限定のトークショーには『花と蛇2 パリ/静子』主演の杉本彩が登場。また、姿勢・ウォーキング指導やポイントメイクの体験コーナー(無料)、甘い声で官能の世界へ誘ってくれる小説朗読ショー(1,200円)やモデルが美脚で魅せるストッキングショー、限定メニューが楽しめるグルメ企画なども。

映画の街・神戸で繰り広げられる、男子禁制の映画祭(一部男子も可)。名作に隠されたいいオンナの秘けつ、友だちを誘って参加してみては?

『花と蛇2 パリ/静子』より(© 2005 東映ビデオ)
『花と蛇2 パリ/静子』より(© 2005 東映ビデオ)画像一覧

上映作品:『さすらいの恋人 眩暈』、『赤線最後の日 昭和33年3月31日』、『百円の恋』、『花と蛇』、『花と蛇2 パリ/静子』、『私の男』、『情愛中毒』、『愛の渦』

『第12回新開地映画祭』

期間:2015年10月23日(金)〜25日(日)
会場:神戸アートビレッジセンター(神戸市兵庫区新開地5-3-14)、ほか
料金:上映作品1,000円、ゲスト招待作品1,500円
電話:078-576-1218
URL:http://eigasai.shinkaichi.or.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。