来春開催、日本最大級の演劇フェス
2015.8.11 17:40

国内外の優れた舞台芸術を約1カ月に渡って紹介する、日本最大級の演劇フェスティバル『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭』。2010年以降、毎年秋に開催されてきたが、次回は来年リニューアルオープンする「ロームシアター京都」の開館にあわせて、3月5日~27日に開催。その公式プログラムのアーティスト13組が発表された。

マヌエラ・インファンテ / テアトロ・デ・チレ「ZOO」2014 © Valentino Zaldívar
マヌエラ・インファンテ / テアトロ・デ・チレ「ZOO」2014 © Valentino Zaldívar画像一覧

チリ演劇界のホープと言われるマヌエラ・インファンテが率いる「テアトロ・デ・チレ」は日本初登場。また海外でも高く評価されている「地点」と「チェルフィッチュ」が、世界初演となる新作をそろって上演することが決定。様々な「日本初」「世界初」に触れられるのも、この演劇祭の特権だろう。

さらに”EXPERIMENT(実験)”のタイトルが示す通り、他所ではめったに見られない実験的な試みが行われるのも、このフェスの大きな特徴。なかでも、様々な”格闘”をテーマにしたパフォーマンスで度肝を抜く「contact Gonzo」と、実験音楽の第一人者である足立智美のコラボレーション作品(これも世界初演!)は、音楽と舞台芸術の斬新な関係を見せてくれる予感。

大駱駝艦「ムシノホシ」2014 photo: Hiroyuki Kawashima
大駱駝艦「ムシノホシ」2014 photo: Hiroyuki Kawashima画像一覧

また、麿赤兒率いる舞踏集団「大駱駝艦」が、このフェスティバルで久々の関西公演を行うのも見逃せないトピック(演目は未定)。怪優の誉れ高い麿だが、人間離れした迫力を醸し出す暗黒舞踏の舞台は、ダンス好きでなくても一度は観ておきたいところだ。

公式プログラム以外にも、国内の新鋭アーティストのショーケース「KYOTO EXPERIMENT セレクション(仮)」などの関連企画も多数行われるとのこと。各公演の詳細は、11月上旬に発表される予定。

取材・文/吉永美和子

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING」

日程:2016年3月5日(土)~27日(日)
会場:ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、ほか
URL:http://kyoto-ex.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。