阪急×立命館企画、優秀作を駅で放映
2015.8.20 15:20

阪急電鉄と立命館大学(映像学部)が同学部生を対象に行った『「ゆめ・まち・みらい」アート&コミュニケーションコンテスト』。その優秀作品が、8月21日より阪急梅田駅1階中央コンコースの大型デジタルサイネージ「梅田ツインビジョン」で放映されることに。

立命館大学(映像学部)同学部生対象の「ゆめ・まち・みらい」アート&コミュニケーションコンテスト」
立命館大学(映像学部)同学部生対象の「ゆめ・まち・みらい」アート&コミュニケーションコンテスト」画像一覧

同コンテストは、多次世代の育成に取り組む阪急電鉄の思いと、若き映像クリエイターの育成に向けて実践的な教育の場を増やしたい立命館大学の思いが一体となり、このたび初めて実現。「ゆめ・まち・みらい」と「笑顔」を作品のテーマに、15秒あるいは30秒のオリジナル短編映像を募集。経験の少ない1、2回生からも意欲的な作品応募があり、審査ではその企画力や発想力を重視して優秀作品を選定したという。

優秀作品は8月21日から9月5日まで展示(5:00〜24:00)。通常のプログラム映像に加え、優秀作品が放映される。通勤や通学に梅田駅に立ち寄る人はぜひ注目してみて。

阪急電鉄

URL:http://www.hankyu.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。