赤い武将・真田列車が南海高野線に
2015.8.31 21:20

三谷幸喜が手掛ける平成28年度の大河ドラマ「真田丸」(堺雅人主演)。戦国の荒波にもまれ続けた名将・真田幸村(信繁)が、関ヶ原の合戦で敗北を喫した後、流罪で送られたのが和歌山・九度山。それにちなみ、九度山に通じる南海高野線に真田色の赤色でラッピングした2000系車両が11月より運行されることに。

真田色の赤色でラッピング
真田色の赤色でラッピング画像一覧

同列車は4両1編成のみで、外装・座席ともに幸村の甲冑をモチーフに赤を基調としたデザインで彩られる予定。真田家の家紋「六文銭」や「結び雁金(かりがね)」をあしらい、力強さや美しさが再現されている。この車両は、九度山のある高野山と幸村が活躍した大坂の陣を結ぶなんば〜極楽橋駅間を走り、これにあわせて南海高野線・九度山駅の駅舎も同じく真田デザインに装飾される。

駅舎も同じく真田デザイン
駅舎も同じく真田デザイン画像一覧

『南海・真田赤備え列車』

期間:2015年11月1日(日)〜約1年間(予定)
区間:南海高野線なんば駅〜極楽橋駅
電話:06-6644-7502(南海電鉄 営業推進室営業部)
URL:http://www.nankai.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ