太陽の塔で、水に浮かぶ光のアート
2015.7.27 17:56

8月7日から「万博記念公園」(大阪府吹田市)で夏のイルミネーションが開催。それに併せて「太陽の塔」がそびえ立つ太陽の広場で、水のスクリーンに映し出される映像「Phantasm(ファンタズム)」が上映されます。

闇を光と音で彩るアーティストチーム・ATWAS(アトワズ)が制作
闇を光と音で彩るアーティストチーム・ATWAS(アトワズ)が制作画像一覧

この作品は、闇を光と音で彩るアーティストチーム・ATWAS(アトワズ)が制作したもの。企画ごとに関わるアーティストが変わり、映像・音響・舞台美術・彫刻・衣装・身体表現などが絡み合って、静かな闇に幻想的な世界を作り出す彼ら。これまで『なら国際映画祭』や『なら瑠璃絵』でその作品が披露され、観る者を魅了してきました。

今回の上映では、太陽の塔から放出される記憶の断片を映像化し、生命の誕生、DNA、生命の進化、文明、歴史などが表現されるとか。期間中の土日には、アクターやダンサーによるパフォーマンス「Splash Light Performance」も予定。モバイルタイプのウォータースクリーンやミストオーロラを使用した映像と共演するパフォーマンスは、一瞬でその世界に引き込まれるはず。また期間中、東大路がイルミストリートに、お祭り広場が花火広場になったり・・・、幻想的な時間とともに夏の夕涼みを過ごして。

『イルミナイト万博 -夕涼み-』

期間:2015年8月7日(金)~16日(日) ※雨天決行・荒天中止
時間:16:00~21:00 ※ファンタズムは日没頃開始
会場:万博記念公園(吹田市千里万博公園)
料金:無料(入園料別途要・大人250円、小中学生70円)
電話:06-6877-7387(総合案内所)
URL:http://www.expo70-park.jp/event/7933/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。