江戸時代の酒場、太秦映画村に再現
2015.5.11 12:05

昨年秋、夜のオトナのエンタテイメントとして好評を博した『太秦江戸酒場』の第二弾が決定! 場所は前回同様、時代劇の聖地・東映太秦映画村。今回は5月30日・31日の2日間にわたって開催されます。

夜のオトナのエンタテイメント「太秦江戸酒場」
夜のオトナのエンタテイメント「太秦江戸酒場」画像一覧

太秦映画村のセットを利用したこのイベントは、提灯の灯りの中を侍や町娘が行き交い、辻の向こうからは三味線の音色が聞こえ、煌びやかで妖艶な遊郭が人々を誘う江戸時代を再現。茶筒実演や表具貼りの実演、提灯作りなどの伝統工芸を楽しみながら、「木乃婦」「下鴨茶寮」「じき宮ざわ」といった人気和食店の料理、京都の蔵元自慢の日本酒やクラフトビールが味わえるというもの。初夏の夜風ととともに、京の風情にたっぷりと浸ることができます。

また、西陣織「細尾」の12代目らで結成され、海外のセレブやデザイン業界から高い評価を受ける京都の伝統工芸チーム・GO ONの若旦那たちと呑んで語れる旦那BARのほか、浪人BAR、舞祷家による神秘的な舞、能の特別公演なども。「新緑の大茶会」をテーマに、京都の”粋”をギュッと凝縮したような、この『太秦江戸酒場』。各日700名の限定です。

「太秦江戸酒場」

日時:2015年5月30日(土)・31日(日) ※両日とも19:00〜21:30
会場:東映太秦映画村(京都市右京区太秦東蜂岡町10)
料金:5,000円(入場料のみ、飲食料は要別途)
電話:075-351-9915

URL:http://www.toei-eigamura.com/edosakaba/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。