ジバニャンやコマさんと走る妖怪列車
2015.4.28 13:16

南海電鉄では、4月29日より妖怪ウォッチのラッピングを施した特急サザンの運行を開始。なんば駅〜和歌山市駅間を妖怪と一緒に旅します。

妖怪ウォッチのラッピングを施した特急サザン
妖怪ウォッチのラッピングを施した特急サザン画像一覧

8両編成の1〜4号車までの座席指定車両に大きくラッピングされたのは、ジバニャン、ウィスパー、コマさん、コマじろうの4体。1両ごとにドーンと描かれたキャラクターは、関東など他の電鉄のコラボラッピングには無かったインパクト重視のデザインとのこと。

「どの妖怪をどんな場所に描くかや、車両のラッピングデザインについてもこちらから提案して、希望に添った形で再現していただきました」と、企画から関わってきた担当者のこだわりは随所に見られ、乗車扉には妖怪の属性を表すブキミー、フシギ、ポカポカなどのマークが模様になっていたり、車内に隠れている様々な妖怪は、洗面所にはノガッパ(水の妖怪)、通路にはグレるりんやワルニャン(通路に座り込むマナー違反を啓発するため)、自販機の近くにはひも爺(人のお腹を空かせる妖怪にあやかって)など全20箇所で身を潜めています。

車内、洗面所、通路には様々な妖怪が隠れている
車内、洗面所、通路には様々な妖怪が隠れている画像一覧

1日5〜6往復はするという妖怪ウォッチ号には人間であるケータたちの姿は無く、まさに妖怪列車。堺や岸和田など5つの駅には記念撮影できるキャラクターパネルが設置されたり、妖怪が台紙に隠された記念入場券などの数量限定発売や、[みさき公園]でイベント『出現!妖怪ウォッチランド ~キミも妖怪と友だちになろう!~』も行われ、妖怪づくしの電車旅を楽しもう。

『特急サザン 妖怪ウォッチ号』

期間:2015年4月29日(祝・水)〜6月28日(日)
運行区間:なんば駅〜和歌山市駅(和歌山港駅)
電話:06-6643-1005(南海テレホンセンター 8:30~18:30)
Ⓒ L5/YWP・TX
URL:http://www.nankai.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。