3月4日は「バウムクーヘンの日」
2015.2.27 12:55

実は3月4日は日本でバウムクーヘンが生まれた日。ドイツ出身の菓子職人カール・ユーハイムさんが、1919年3月4日に広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)で開かれた『ドイツ俘虜製作品展覧会』にバウムクーヘンを出品し、これが日本で初めて焼かれたバウムークーヘンとなりました。

限定バウムクーヘンセット1,080円
限定バウムクーヘンセット1,080円画像一覧

その後、日本での永住を決めたカールさんは、神戸にお店をオープン。年輪のような形をしたバウムクーヘンは、ウェディングの引き菓子など贈答用としても評判になり、たちまちその人気は全国区に! これを記念して、3月4日は「バウムクーヘンの日」として、日本記念日協会により認定。今年で認定5年目を迎えます。

そこで、ドイツ菓子の[ユーハイム]では、「バウムクーヘンの日」を記念したバウムクーヘンとエダムチーズで味付けしたパイ・ケーゼシュタンゲン(6個)をセットにして、3月1日(日)より期間限定販売スタート。1960年代にデザインされたレトロな復刻パッケージで全国の店舗で展開。みなさん、3月4日は歴史に思いをはせつつ、バウムクーヘンいかがですか?

取材・文・写真/いなだみほ

「ユーハイム神戸元町本店」

住所:神戸市中央区元町通1-4-13
電話:078-333-6868
営業:10:00〜20:00(ティーサロン〜18:30、レストラン11:00〜) ・第3水曜休
URL:http://www.juchheim.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ