特集一覧 > カリスマ編集長を演じた柄本佑「自分と顔が似てるなって」

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

1980年代を代表するサブカル誌にしてエロ本という伝説的雑誌『写真時代』。そのカリスマ編集長・末井昭の半生を綴った自伝エッセイ『素敵なダイナマイトスキャンダル』が映画化された。母親が隣家の息子とダイナマイトで心中するという衝撃的な出来事から、いかにして時代を代表する雑誌の編集長となったのか。監督は『南瓜とマヨネーズ』(2017年)の冨永昌敬。主演の柄本佑に話を訊いた。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ