特集一覧 > 二階堂ふみ「あの頃は退屈で仕方なかった」

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

満ち足りたモノに楯突くように、焦燥感や虚構感が蔓延した1990年代。その時代の若者の欲望と孤独、日常への違和感を鮮烈に描き出した、岡崎京子の代表作『リバーズ・エッジ』。本作で主人公・ハルナを演じた女優の二階堂ふみは、この作品のどこに魅入られたのか。映画評論家・ミルクマン斉藤が話を訊いた。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ