特集一覧 > 岡田将生「共感しないけど、芝居は面白い」

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

女性を翻弄するモンスター級の痛男(イタオ)と、そんな男に振り回される女性たちを冷ややかに眺めるアラサ―女性を描き、ヒリヒリする感覚を覚えると多くの女性から支持された柚木麻子の小説『伊藤くん A to E』。昨年、放送されたテレビドラマも好評だった同作が映画化。監督は『彼女の人生は間違いじゃない』(2017年)、『ナミヤ雑貨店の奇跡』(2017年)など充実した仕事が続く名匠・廣木隆一。さらに岡田将生、木村文乃というW主演も魅力的だ。3人に話を訊いた。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ