特集一覧 > 大森監督・井浦新・瑛太が語る「表現」

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

過去の忌まわしい記憶に翻弄される離島出身の3人を通して、人間の心の底にある闇を描いていた、三浦しをんの小説『光』が映画化。メガホンをとったのは、三浦作品『まほろ駅前多田便利軒』でもタッグを組んだ大森立嗣監督。主人公とその幼なじみを演じたのは、井浦新と瑛太という実力派コンビ。圧倒的な暴力を描いた本作について、また、近年の映画作りについて3人に話を訊いた。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ