特集一覧 > 橋本マナミ「夢のような時間でした」

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

三浦しをんの小説を大森立嗣監督が映画化した『光』。過去の忌まわしい記憶に翻弄される離島出身の3人を通して、人間の心の底にある闇を描いているが、狂気と怪物性を孕んだ主人公・信之(井浦新)と、その幼なじみ・輔(瑛太)の運命に巻き込まれる信之の妻・南海子にキャスティングされたのは、グラビアタレントの橋本マナミだ。「愛人にしたい女」でおなじみの彼女だが、本作では虚ろな目をしたすっぴんの人妻を見事に熱演。女優としての高いポテンシャルを垣間見せた橋本マナミに話を訊いた。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ