特集一覧 > 黒沢清監督「奪われた側は自由になれる」

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化した『散歩する侵略者』。数日間、行方不明だった夫がまるで別人のように穏やかになって帰ってきたことに戸惑う妻・鳴海は、夫から「地球を侵略しに来た」という衝撃的な告白を受ける。戸惑いながらも夫婦再生のために奔走する妻だったが、侵略者は、人間から「概念」を奪っていき、やがて町は不穏な世界へと姿を変えていく・・・という物語だ。メガホンをとるのは、『トウキョウソナタ』(2008年)、『岸辺の旅』(2015年)など、海外でも高い評価を受ける黒沢清監督。来阪した黒沢監督に話を訊いた。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ