特集一覧 > 春岡勇二のシネマ重箱の隅 vol.6

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

「あれ、この人は…」。以前、映画を観ていて、原作者やその映画の監督が出演しているのに気づくことがあると書いた。でも、そればかりでなく、その作品の監督ではないが、映画監督が俳優として映画に出演していることもある。普段は演出に専念しているが、ときどき友人、先輩・後輩の監督に請われて出演していい味を見せる人が多い。先日亡くなった奇才・鈴木清順監督が、大森一樹監督の『ヒポクラテスたち』(1980年)で演じた医学生たちの指導教授や、その鈴木監督の傑作『ツィゴイネルワイゼン』(1980年)で主人公の1人を演じた藤田敏八監督などは忘れがたい演技者だった。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ