特集一覧 > 高畑充希「朝ドラの後は絶対に舞台」

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、一躍国民的女優となった高畑充希。だが実は、10代の頃から立ち続けた演劇、特にミュージカルこそが彼女のホームグラウンドだ。朝ドラ後、初舞台となるミュージカル『わたしは真悟』は、楳図かずおのSF漫画が原作。主人公は、純粋に愛し合う小学生の真鈴&悟。2人は大人たちによって仲を引き裂かれてしまうが、2人の遊び相手だったロボット「真悟」に人格が目覚め、彼らを助けるために人知を越えた進化を遂げるという物語だ。演出は、アルベールビル冬季五輪のセレモニーや、ドイツW杯の開会式を手掛けた鬼才フィリップ・ドゥクフレ。楳図ならではの強烈なビジュアルと、哲学的かつ難解なストーリーにも注目が集まる本作について、高畑に話を訊いた。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ